世界各地のeBirdデータ

eBird サイエンス

eBird transforms the global birding community's passion for birds into a powerful resource for research, conservation, and education.

eBirdステータスとトレンド

高解像度のデータ、可視化、ツールにより、鳥類の個体群がどこに存在し、時間の経過とともにどのように変化していくかを説明しています。これはeBirdのデータを利用しており、毎年更新され、最高の科学情報を提供しています。

eBirdのデータやツールを利用する

eBirdは幅広い科学的な疑問に対応する、強力な情報資源です。eBirdのデータやツールにアクセスし、分析し、引用する方法をご紹介します。

調査研究と保全活動への応用

eBirdは科学と保全分野においてますます重要な役割を果たしています。eBirdデータの活用は、調査研究やモニタリング、種の管理、生息地の保護、法律や政策への情報提供など多岐にわたります。

注目のプロジェクト

ShorebirdViz(シギ・チドリ類のマップ)

The Cornell Lab of Ornithology teamed up with multiple non-profit organizations, international shorebird collaboratives, biologists, and agencies to create ShorebirdViz—an interactive tool that combines observations of shorebirds in eBird with state-of-the art statistical models and machine learning to produce relative abundance estimates and estimates of population size across the Western Hemisphere.

ShorebirdViz(シギ・チドリ類のマップ)